零戦からMRJまで・・・英霊達よ見ているか


まだPodcastをお聞きでない方はこちらから

cropped-crohusamunesaisinn1.jpg

MRJ乗りて〜

かっこいい〜

しかもボーイング787と同じように、カーボンを多様してて鉄と違って錆びにくいので、今までの飛行機のように乾燥しないんですよ!(きっと)

放送でも少しお話ししましたが、GHQの占領が7年間続き、ちょうどその占領期がプロペラ機からジェット機に代わる過渡期だったんですよね〜

やっと70年経ってジェット機を作ることが出来たと!

そして何よりロマンがあるのは

零戦を作った三菱重工が作った!

ってこと!

零戦は間違いなく世界最強の戦闘機だったんです!

速いし、旋回力があるし、航続距離も圧倒的だったし火力もあった!

だから戦争末期にはまともに格闘戦をしてもらえず、物量に押されていってしまったんですよね。

ちなみにMRJの航続距離は3,380キロで零戦の航続距離は3,350キロ!

すごくないですか!?

ジェットとプロペラですし、MRJはあえて航続距離を短くしているので、単純比較はできませんけど、70年前の時点で航続距離はMRJと一緒なんですよ!

 

その零戦からMRJまで70年。

何とロマンが詰まった話しなんだ。

特攻で散って行った方々も、天国で喜んでいらっしゃると思うのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です