リベラリズムとリバタリアニズム


まだPodcastをお聞きでない方はこちらからcropped-crohusamunesaisinn1.jpg

少し前の放送で

ジョン・スチュアート・ミルさんのリバタリアニズムと

いわゆる左翼を柔らかく言った時のリベラル、リベラリズムは

同じだみたいなことを言ってしまいましたが、

実は全然違います。ごめんなさい。

出典

出典 ジョン・スチュアート・ミルさん イギリス人 「つる」ですね(関係ないけどw)

リベラリズムは日本語だと自由主義ですね

リバタリアニズムは自由主義と単純に訳してしまうと混同してしまうんですが、

完全自由主義とか自由至上主義みたいなニュアンスです。

リベラルとか左翼っていうと社会保障政策とかは積極的にやるべきだ、貧しい人は救わなきゃいけないって言ってますよね。

これ実はベンサムさんに近い考えですよね。社会保障政策とかセーフティーネットを設けることで、結果的に落ちこぼれてもみんな自由になれるということですね。

※2015/12/28追記 違いますwリベラリズムはこちらを参照ください。ただし、上記のようにミルさん風の功利主義的な説明もできますが、議論の出発点が違うんですね。リベラリズムは「無知のヴェール」ですよー。

出典

出典 ジェレミー・ベンサムさん イギリス人 これ本物の剥製なんですよ!哲学者はやることがすごい でも頭は腐っちゃったので蝋人形なんですw

でもリバタリアンは自由「至上」主義なので、どんな理由があろうとも人は何者にも縛られちゃいけないんですよ。

田中マーくんに莫大な税金をかけることにも反対でしたね?

アメリカでは共和党支持者にリバタリアンが多いです。

銃規制とか反対しているのもリバタリアンです。

でアメリカの民主党支持者はリベラリストです。

オバマケアとかまさに社会保障と福祉政策ですね。

今後もこういう根本的な間違いを犯す危険性はありますが、それでも少しずつ知識をつけながら皆さんと一緒に勉強していきたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です