ベルクマンの法則とアレンの法則!


まだPodcastをお聞きでない方はこちらから

クロ風サムネ1 (1)

ブログの更新をサボりまくっててすみません;

あまりにも時間が取れず今週もこの一回だけだと思います;;

 

まずはベルクマンの法則!

恒温動物においては寒い地域に生息するものの方がデカイ!というやつ。

出典

出典 しろくまの方がデカイけど、ヒグマの方が怖い・・・

出典

出典 こんな感じ

そしてベルクマンさんはこんな人

出典

出典 ドイツ人1814年〜1865年

そしてアレンの法則!ウジさんの物干し竿の如く、耳や鼻などの突起部分が寒い地域ほど小さいというやつ。

まずアレンさん

出典

出典 アメリカ人 1838年〜1921年

出典

出典 こんな感じ

出典

出典 ホッキョクギツネ か・かわいい・・・

出典

出典 ああ癒される・・・

確かにマンモスも体大きいし耳ちっちゃいですよね。たまたま像だけが生き残ったから分かりづらいだけなんでしょうね。

出典

出典 ケナガマンモスは意外とちっちゃい

こんなかわいいホッキョクギツネくんやホッキョクグマを守りたい!セーブザホッキョクギツネ!って気持ちも結局は人間が勝手に思ってることなんだと思いますよ。ホッキョクグマに食われているアザラシからしたらホッキョクグマがいなくなったらどんなにハッピーだろうか。。

いやぁやっぱり動物の知識もとっても大切ですね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です