【キリトラレルマエ】参院選の結果を受けて安倍総裁の記者会見


まだPodcastをお聞きでない方はこちらから

クロ風サムネ1 (1)

すでに参院選の結果を受けた安倍総裁の記者会見でマスコミが悪意の切り取り方をしているのが散見されるので、切り取られる前の動画と、私が切り取ったらどうなるかというのを載せたいと思います。

今後【キリトラレルマエ】シリーズでお届けできたらいいなぁと思っています。(テルマエロマエみたいなノリ)

 

YouTube Preview Image

私が切り取ると・・・青字は私のコメント

目標は61議席だった。70議席になった。

「アベノミクスを加速せよ」とのお言葉をいただいたものと心得る。

それは言い過ぎでは?他に入れるとこがなかっただけだと思いますが・・・。

キーワードは「未来への投資」これ2本目の矢「財政出動」のことですよー。

地方が誇る魅力ある農産物等を世界に売り込んでいく。

輸出1兆円目標。

インフラを整備して輸出拡大し、インバウンドを呼び込む。

リニア新幹線を8年前倒し!全国に新幹線網を!この辺三宅洋平さんも批判してましたけど、新技術のインフラほどデフレに効きますよ〜。

熊本復興支援。

自然災害に強い国づくり、次世代を担う子供たちへの教育投資。

介護への投資。

無利子の奨学金を受け取れるようにする。

長時間労働の規制、非正規社員という言葉を一掃する。この辺の下りは共産党のお株を奪うリベラル政策ですからね。ここまで手広くやられちゃうと野党も批判のしどころがないんですよね・・・。

世界経済のリスクに備える。

そのために内需を下支えする大胆な経済対策を行う。

バングラでのテロもありました。

世界経済のリスクとテロとの戦い。

これらを国際協調の下で行っていく。

この道を力強く前へ!

「未来への投資」受給ギャップ10兆円埋めてインフレにしていくためにも是非「コンクリートも人も」の姿勢で臨んでほしいです!

質問:3分の2超えましたが、憲法改正は?

我が党は草案を考えていますが、我々が単独で3分の2を持っているわけではないので、草案がそのまま通るとは思っておりません。我が党の案をベースにしながら3分の2を構築していくかどうかが政治技術と言ってもいいと思う。基本的には憲法審査会で議論していき他党との関係に基づいて収斂していくことだと思う。やり方は私が指示することではなくて、憲法改正推進本部や憲法審査会に任せたい。太字の部分だけが切り取られてマスコミで流されています。まるで「政治的な技術を駆使して無理矢理にでも我が党の案を飲ませるようにしたい」とでも言ったかのように報じられていますが、前後の文脈を読んでくださいね。草案がそのまま通るとは思っていない憲法審査会で議論すると言ってるんですよ?私は明言しましょう。自民党草案のまま発議をすることは100%ありえない。もしありえたら髪を紫にしましょう。。

質問:憲法改正のプライオリティーは?

憲法改正は首相ではなく国会が発議するんです。国会が検討することなので、私がプライオリティーを決めることではありません。そして発議されたら終わりではなく、決めるのは国民です。そうなんです。憲法の発議は国会の権限なんです。

 

総合的に、未来への投資最高じゃないですか!やっと本腰入れて財政出動する気になっていただけましたか。といった印象でした。

マスコミの報道では自分から憲法改正の話題に触れたように受け取れますが、質問を受けて答えたんですからね〜。

以下今後繰り返されるであろう安倍批判テンプレ

「安倍総裁が本性を現した〜」

「民主主義の終わりだ〜」

「選挙では言ってなかったのに〜」

下らない。。

自分たちにとって都合の悪い結果になったからって、民主主義の終わりって批判は反則でしょ。

注目すべきはそこではなく、財政出動を本当に本腰入れてやってくれるのかを今後注視していく必要があるんですよ。

港湾整備、リニア新幹線本当にやるんでしょうね?

自然災害に強い国づくり?岸壁立てるだけじゃないでしょうね?ソフトパワーにも投資してくださいよ?

教育、介護、医療への投資。無利子の奨学金、ぜひやりましょう!

大胆な経済政策。規模はどの程度ですか?前回みたいに3兆円とかやめて下さいね。

という議論をきっと金子洋一さんが国会でしてくれたんだろうな〜と残念がりながら、キリトラレルマエシリーズ第1段を終わりたいと思います。(第1段で終わる可能性もありますw)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です